モーニングアフターピルは安全|女性ホルモンからできた避妊薬

外国では女性なら誰でもピルを購入することができ、その即効性と安全性から避妊をする上で欠かせない存在と言ってもいいのです。

ピルは女性ホルモンから作られた避妊薬のことです。その為避妊以外にも医療の現場で使われることがあるお薬です。決して危険なお薬ではないのです。

中でも避妊に特化しているのがモーニングアフターピルです。

男性が主体となる避妊は時に失敗してしまうこともあります。特に避妊具は性交渉の最中に抜けしまったり、破損してしまうこともあるのです。避妊具はしっかり避妊ができるわけではないことを覚えておきましょう。
避妊具で避妊ができなかった時、アフターピルを服用することで98%の確率で避妊をしてくれます。

避妊に特化したモーニングアフターピル なぜ避妊ができるのか

避妊に特化したモーニングアフターピル なぜ避妊ができるのか

先ほども言ったようにピルは女性ホルモンから作られた避妊薬です。アフターピルが避妊を出来る仕組みは、女性ホルモンを偏らせることによって排卵日をずらしているからなのです。

女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンの2種類に分かれています。アフターピルにはプロゲステロンが多く含まれており、アフターピルを服用した際プロゲステロンを過剰に摂取することによってホルモンバランスが偏って避妊ができるのです。

プロゲステロンの働きで避妊をする

プロゲステロンの働きで避妊をする

このプロゲステロンは生理を誘発する為、アフターピルを飲むことで人工的に生理を起こします。
生理は子宮内膜が剥がれ落ちることで起こります。プロゲステロンを過剰に摂取することで子宮内膜を剥がして受精卵が子宮内膜に着床するのを防ぐ効果があるのです。

このプロゲステロンの働きによりアフターピルを服用することで妊娠を回避することができるのです。