モーニングアフターピルのアイピルでも起こりうる副作用

いくら副作用が少ないアイピルであっても副作用が起こりうる可能性があります。
副作用はあくまで個人差であり、症状の出方も様々です。

アイピルの副作用は、頭痛・下腹部の痛み・吐き気・嘔吐・倦怠感・胸の張り・むくみ・生理不順といった症状がみられる場合があります。

副作用の症状がみられた場合は、なるべく安静にしてドラッグストアなどで購入できる一般の鎮痛薬を服用しましょう。

生理不順は一時的なもの

生理不順は一時的なもの

アフターピルは体のホルモンバランスを崩してしまう為、殆どの女性に生理不順が起こる可能性があります。
それはアイピルも同様です。アイピルでも体調の変化はなくとも生理周期が乱れてしまうといった副作用がでてしまうこともあるのです。

アフターピル自体が排卵日をずらしてしまう為、生理が早まってくることが多いのです。
正常の女性であれば3ヶ月ほどで生理周期も安定してきます。しかし、もともと生理不順である人は少し時間がかかるかもしれません。

アフターピルを服用後に来るする生理は早まることはありますが、遅れることはないので注意しましょう。

胸の張りやむくみは女性ホルモンの影響

胸の張りやむくみは女性ホルモンの影響

アフターピルは服用した後に胸の張りやむくみを訴える女性がいます。それはピル独特の副作用の症状です。ピル自体、女性ホルモンで出来たお薬なのでホルモンの影響で胸が張ってしまったり、むくんでしまう女性がいるのです。

少し生理前や妊娠初期の症状に似ている為、妊娠してしまったと勘違いしてしまう人もいますが、副作用の影響かもしれませんので焦らず、生理周期が来るまで待ちましょう。
もし、生理が通常通り来る場合や早まってくる場合は避妊に成功したということですので安心して良いでしょう。

生理が周期を過ぎても来ない場合は避妊が失敗している可能性があるので病院を受診したほうが良いでしょう。